【Elite Dangerous】 High Grade Emissions で Manufactured マテリアル集め

Elite Dangerous

HGEを訪問して、主にエンジニアリングのためのManufactured Materialsを入手しましょう。

HGEの定義と種類

関連する情報は英語で広く共有されていますが、仕様が公式から開示されていると言うわけではありません。ゲーム内の素材に書かれているフレーバーテキストや各コマンダーの探索経験から導かれているものです。何回か仕様変更もあり、まだ発見や検討の余地があるため研究するのも面白いと思います。 

HGEとは

システムの分析を欠かさないコマンダーが発見できる素材発掘宙域です。System Signal Sourceの一種であり、発見時は Unidentified Signal Sourceとして表示されます。分析後、その一部が高ランクのManufactured Materialが確定で出るHGEになります。

分類

HGEから出るアイテムはそれを所有するMiner Factionの状態に基づきます。以前は星系を支配する、つまり最大勢力を持つ派閥のみ影響していたのが変更されました。

以下が一例です。HGEをターゲットに指定すると確認できます。

  • FACTION:「Alliance of BD+47 2112」調べるとFederationに所属するマイナー派閥です。
  • STATES:派閥の持つ状態のうち、BOOM,活況が適用されていることを表します。
  • TIME:この時間が経つとこのHGEは消滅します。

以下は排出するランク5 Manufactured Material(及び一緒にHGEから出るもの)の一覧です。


Very Rare

Rare
入手先
Pharmaceutical IsolatorsHGE(Outbreak)
Military Grade AlloysHGE(Civil war、war)
Proto Heat RadiatorsHGE(Boom)
Biotech Conductorsミッション報酬
Improvised ComponentsHGE(Civil unrest)
Military SupercapacitorsHGE(Civil war、war)
Imperial ShieldingHGE(Imperial所属派閥)
Core Dynamics CompositesProprietary CompositesHGE(Federal所属派閥)
Exquisite Focus Crystalsミッション報酬
Proto Radiolic AlloysProto Light AlloysHGE(Boom)
  • 入手先が同じものはつまり、同じ派閥・STATEでも向かったHGE毎に別のものが出る可能性があるということを意味します。両方出ることは確認しました。
  • 帝国・連邦に所属する派閥はSTATEに関わらずImperial ShieldingCore、 Dynamics Compositesを高い確率(または絶対)提供するため、他のマテリアルは基本的に独立・同盟系の派閥が勢力を持っている場所で探します。
  • ミッション報酬のみであることはフレーバーテキスト、つまり公式にそう書いてあり、HGEでの入手の報告は有りません。
  • リストに上がってないSTATEでも排出の報告を見かけますが、今は星系の支配派閥が決め手ではない事を理解していない人もいる上、報告も少数なので載せていません。フレーバーテキストでも書いてあるものを載せました。
  • Pharmaceutical Isolatorsの直接入手はとても困難です。Outbreakの状態は市民の生活水準が低いことでトリガーされますが、そんな放置された派閥は星系内で弱い勢力です。しかも帝国・連邦であれば別のものが出る可能性が高いです。

手順

Collector Limpet Controllerを装備

HGEには複数のマテリアルが散らばっているため速やかに回収するには高ランクか複数のControllerを付けていくといいでしょう。Limpetは使い捨てのドローンなのでカーゴに入る限りAdvanced Maintenance から買っておく必要があります。

発見

USSを発見して、分析によってHGEであると確認する手段は複数あります。

  • NavBeacon:全ての信号源を発見して分析まで終えてくれます。恒星付近にありますので向かって通常空間に降り、ターゲットしてスキャン完了を待つのみです。星系を次々移動していく人はこれが最速です。便利ですが恒星から離れたあとでは戻るのが手間です。
  • Full Spectrum System Scanner(FSS):船に標準装備です。Supercruiseかつ低速時に利用できます。全USSの発見は最初のスキャンで達成できます。そのあと一つ一つ分析をするのは手間ですが探検家であれば惑星の分析をするついでです。また、これは恒星付近にいなくても利用できます。
  • 近づく:1000[Ls]以内の信号源は自動的に発見されます。
  • ターゲットする:発見済みのUSSはターゲットしてその方向を向けば分析できます。

訪問と回収方法

右メニューからCollector Limpet ControllerをFireGroupに設定し、cargo,貨物室を開き、射撃キーから発射します。

Limpet Controllerには射程があるので近づく必要があります。

浮遊するアイテムをターゲットした状態で発射すると飛行が速い代わりに1回の使い捨てになります。ので普通はターゲットしない状態で発射します。

基本的に危険性は0ですが、襲撃アラートの出たミッションを持っていたり、自身に賞金がかかっていたり、システム管理者を襲った後などですと敵がワープアウトしてきて襲われます。

確からしいこと

確率を比較したり、「無い」の証明は困難です。そのため以下は断定形で書きますが確定ではないものです。入手の役には立ちます。

  • マイナー派閥のHGE所有確率は星系内の勢力割合に依存する。つまり基本的に支配派閥がいい。
  • 帝国・連邦のマイナー派閥はSTATEを無視してImperial ShieldingとCore Dynamics Compositesを提供する。
  • 宇宙を高速でSupercruiseするほど、新しいUSSが出現する。
  • HGEはDeepSpace,深宇宙空間に出現する。
  • 人口が多い星系ほどUSSが多く出現し、結果としてHGEも多く出現する。
  • HGEは個人で別であり、ログアウトしてもモードを変えても星系を移動しても変わらない。

攻略法

正攻法:高人口の地域を渡り歩いて交換

真の正攻法は探検のついでに見つけて訪問することかもしれませんが。

人口が多くなりがちな農業経済の場所を次々訪問し、NavBeaconをスキャンして速やかに発見。より多く湧くHGEで6倍集め、マテリアルトレーダーから好きなマテリアルに交換します。

Manufacturedのトレーダーは Extraction か Industrial経済でセキュリティが中以上、人口が多い場所に居るのでステーションのCONTACTから交換を依頼します。が確実に探すには以下などのWebを利用します。

Nearest stations [INARA]
The companion site for Elite:Dangerous. Market data, CMDR's logs, squadrons, logbooks, galleries, powerplay, engineers, blueprints, crafting, galaxy info, news ...

特定マテリアルのためHGE湧きを狙う

条件の整ったあるいは排出を確認した星系にとどまってHGEの湧きを狙います。

ただ待っても出現しないばかりか時間切れで無くなります。Supercruise状態での移動がトリガーになるのですが真っすぐ飛んでいっては発生しても離れてしまいます。そこで重力の大きな星へ向かってSupercruise Assistにより軌道飛行に入ります。そのまま放置すると湧き直しがおきます。

重力が大きい星ほど軌道飛行速度が大きいため可能性が上がると見られます。もし特に手頃なものなければ外側の惑星で行います、飛んでいる場所の外半分は深宇宙です。

自動で発見されるのは1000[Ls]以内のみなのでたまに止まってFSSを行う必要があります。恒星が2つある星系などは遠く数万[Ls]先に湧いたりするので悲しみに包まれます。

おまけ。半無限回収

HGE内でマテリアルを拾ったあと、タイトルに戻るではなくそのままゲームを終了させると、再起動後HGEがそのまま残っています。Supercruiseすれば近くにあるので再訪問してHGEの消滅時間まで繰り返し回収できます。この手のやり方は好まない人も多くいます。長らくこの仕様のままですが各CMDRの判断で利用して下さい。

その他

  • ManufacturedではなくEncoded MateriaやRaw Materialが欲しい。
  • ミッション報酬のみのManufactured Materialを狙いたい。
  • Verry Rare以外のマテリアルも含めて全体の一覧を見たい。

以下の記事を御覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました